2013年12月30日

九州新幹線のデザイナー

JR九州の車両は他の鉄道会社の車両に比べてで魅力があります。JR九州で多くの車両をデザインをしているのはドーンデザイン研究所の水戸岡鋭治さんです。その水戸岡鋭治さんについて書かれている本です。

子供時代の事や高校でデザインを学んでデザイン会社に入りその後海外へ勉強したことなど書かれています。

自分自身で行動して新しい仕事を得ていくのはすごいと感じました。富士急行やJR九州と出会い列車のデザインを手掛けていきます。車両メーカーとのやり取りなど難しいように感じました。既存のやり方にとらわれず自分の思った通り行動し結果を残しているので直接JR九州の九州新幹線の車両など水戸岡鋭治さんの手掛けたものを見たいです。

2013年12月08日

イギリスという国

イギリスの歴史や階級社会など書かれています。今まで考えていたイギリスのイメージとは違っていました。
過去の中国やインドなどの問題もあり調べたくなりました。

posted by book at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーロッパ

アンデルセングループの創業者

アンデルセングループの創業者高木俊介夫妻について書かれています。戦後夫妻は知り合い結婚しました。
その後だんごやを始めその後パンを仕入れて販売していました。
しかし仕入れたものを販売するのではなく自分自身で作ったものを販売したいと考えパンを作りました。
良いものを使い高くてもパンが売れていったようです。
食べる人のことを考えて作っているのは素晴らしいです。
また社員教育にも力を入れています。
今では多くの場所に店舗があります。社員を大事にして働きやすい環境のように思えました。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。