2014年05月30日

ルールの変更について

スポーツや商品なので独り勝ちするとルールが変更になることがあります。
社会としては独り勝ちはあまりよくないようです。
本田技研工業に勤務する著者が自身の体験が書かれていました。
アメリカで販売が延びると関税が上げられたようです。欲しいものが関税のために高くなって購入出来ないのはお互いのためによくないと思いました。
その他スポーツなど例を上げられてどのようにルールが変更するか書かれていました。

ルール変更に対応できる会社はいいのですが対応できない会社にとってはひどいと思いました。ルールを決める側になるのがいいのですがその為には会社に余裕がないとと思いました。

2014年05月27日

韓国と日本の歴史!

韓国と日本の歴史関係について書かれています。
韓国の人たちは自国の政府に対して信用していないようなのですがなぜ日本との関係については政府を信用するのかなと不思議に思いました。政府が信用できないなら自分たちで韓国の政府が言っていることは正しいのか調べなのかな。

韓国人に教えたいとタイトルですが日本にいる人たちにも教えたい本と感じました。
日本と韓国の関係を日本人もあまり知らないから韓国での対応を信じる日本の人もいるのではと。
日本の政府がきちんと対応しないのもよくないと感じています。
韓国の人たちは日本が対応しないと思うならネットで情報を調べたりしないのかまた海外にいる人たちもほかの国から情報を得ないのかなと不思議です。

韓国の政府の人たちも正しい歴史を知らないのかなと思いました。


posted by book at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア

2014年05月26日

平井にあるフレンチレストラン

東京の平井にあるレストラン コバヤシの小林シェフについて書かれています。
シェフの子供の時のことやフランス料理に入っての修業時代そして平井でレストラン コバヤシをオープンさせてそこでのお料理などについて書かれています。

フレンチの世界は一つのお店で長くというよりいろんなお店で修行するのでいろんな人との関わりがあり重要だと感じました。レストラン コバヤシのお料理の写真もあり美味しそうで食べたくなります。

posted by book at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル・レストラン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。