2014年10月25日

サウスウエスト航空の従業員

著者が元社長にインタビューをして書かれています。
サウスウエスト航空は日本ではあまり知られていません。
本の中では従業員が1番顧客が2番と書かれています。
従業員を大切にしないと顧客に対して安全を提供できないと感じました。サウスウエスト航空は離職率が少ないです。それだけ働きやすい会社だと思います。

伝説のサービスになると話が誇張されるとありました。
本ではノードストロームの話を上げています。
顧客からの返品希望は質問なしで返金すると噂があります。ノードストロームでスノータイヤを売っていないにも関わらず返品を受け付けたと話は伝説となっています。
著者が創業者の一人と話をしたところアラスカの一店舗で売っていた時期がありタイヤを返品したお店もその店だったそうです。
話を広げた顧客たちによって細かいことが省略されていました。

サウスウエスト航空も支えてくださる顧客や従業員がいるから成長できていると感じました。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】世界でいちばん従業員を愛している会社 [ ケン・ブランチ...

日本のプリンセスとプリンス

同じ陛下の孫でも待遇が違います。
皇太子の愛子さまと宮家の悠仁さまの違いが書かれています。

皇室での男の子と女の子と違いや皇太子と宮家の違いなど普段知らないことがあり興味深いです。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】愛子さまと悠仁さま [ 大島真生 ]
タグ:陛下 皇室 宮家
posted by book at 11:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア

2014年10月18日

公立校の目指し方!

私立は学校ごとに問題の出し方が違いますが公立は学校の勉強が出来れば解けることが多いです。
その為上位の学校になると満点を取る人も多いようです。公立は受験だけでなく学校でのテストも重要になってきます。普段からテストで上位に入っていることが大事です。

この本を読んで子供に勉強しろとかテストの点だけ判断するのではなく親が子供の学力を把握し苦手なところなど子供と一緒になって見極めるのが重要だと感じました。
また周りが勉強出来たり勉強することを馬鹿にされたりどんな時も焦らず自分の計画通り出来ることが大事だと感じます。
中学生以下の子供がいる親にお勧めの一冊です。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】公立校なら、上位10%を目指しなさい! [ 後藤武士 ]
posted by book at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。