2014年11月06日

成長する韓国自動車産業!

日本と韓国の自動車メーカーと部品メーカーについて主に書かれています。

成長する現代自動車とトヨタを中心に書かれています。
韓国の企業は世界での戦略が日本の企業に比べていいようです。
韓国の自動車産業は成長していると書かれています。
円高が現代はトヨタと比較すると驚異的な数値です。
一時的にはトヨタが現代に抜かれる可能性も想定する必要があると書かれています。
2013年から2014年にかけてトヨタは追いつかれるかもとあります。
今年ですね。根拠としてbricsで急速に生産を拡大して韓国内でも生産台数を増加させるとあります。
現代自動車のアキレス腱として循環出資構造とグループ内取引の比率の高さとあります。

日本の自動車メーカーも海外のメーカーに負けないで欲しいです。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】現代がトヨタを越えるとき [ 小林英夫(アジア経済) ]
posted by book at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 交通

地方から東京へ

江戸時代、地方から東京へ出るときにどの地域に住むか書かれて興味深かったです。
東京を南北に分けて北側は東北など北から来た人、南側は西日本から来た人が多く集まっていたようです。東京は地方から出てくる人が多いので他の地域から来る人を受け入れやすいです。

昔は出身によって同じ出身の人が集まったり同じ職業の人が集まったりしていたようです。
東京に住んでいる人がどのようにしてそのエリアに住んでるか書かれて面白かったです。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】東京育ちの東京論 [ 伊藤滋(1931-) ]
タグ:東京
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。