2008年12月16日

身近な経済を考える!

この本で興味特に深かったのは学年ごとの競争についてと美男美女の賃金にについてでした。

学年ごとの競争では4月から6月生まれの人と1月から3月生まれの人での成績の違いやスポーツについて考えてしまいました。小学1年生のときの4月から6月生まれの人とと1月から3月生まれの人では体力などの差が大きいとありました。その他の学力でも影響があったとありました。その為4月から6月生まれの人は自身がついているとありました。

美男美女での賃金の優遇では英語学校を例にして書かれています。美男美女の教師の方が賃金が高いようです。さまざまな角度から書かれていました。美男美女の教師の場合生徒を集めやすいなど。容姿で賃金が決まるなんてと考えてしまいました。でもお店などで美男美女の人がいるお店に行ったりする人がいるとそれだけで売上に貢献するのではと思いました。

こんなに使える経済学
posted by book at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | お金について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。