2010年05月04日

高校野球について考える本!


甲子園の光と陰
高校で野球をやっている選手の多くは甲子園を目指しています。しかし多くの学校は甲子園に行く事が出来なかったり行っても選手として参加出来ない人も多いです。そんな甲子園について考える本です。高校野球の監督について書かれていたりレギュラーになれない選手の事が書かれてたり特待生の問題や野球留学のことなどいろいろ書かれています。子供が高校で野球をやりたいと思っている親たちに読んで欲しい一冊だと感じました。
posted by book at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。