2014年10月18日

テレビ番組制作の裏側

テレビの番組を制作している会社で働いていた元ADが書いた本です。
一つの番組を作るのに多くの制作会社が入っていて働く前に教育をする会社もあればしてない会社もあったり同じADでも会社によってやらなくていい仕事があったりと格差が大きいです。
休みの日がほとんどない状態で番組を作っています。家にも帰れない日が多く好きでないと続けられない仕事だと感じました。また残業代もつかなかったりして厳しいです。

会社ごとに格差があるので人間関係も難しいように感じました。
何気なくテレビを見てるけど作っているのはすごく大変なんだと感じました。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】AD残酷物語 [ 葉山宏孝 ]
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。